ぶるるっ


by shingofukui
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧

さぁ!

さぁ4月だ!

気分新たにみんな頑張ろうな!

今日は一足先にいい知らせをもらった

毎日をいい日にしたい。
[PR]
by shingofukui | 2005-03-31 23:58
完全なる節目であるこの春休み。
色々な事を思った。ほとんどが今まで遭遇した事のないものだった
こんなにも新しいことがあるのか、とおバカながら気付く。

行きの電車で前に立っていた女性は証券の勉強をしていた。
ピンクとミドリのマーカーのつけ方がいかにも女の子らしかった
凛とした顔つきだった

乗り換えて隣に座った女の子のスケジュール帳には
企業の名前と時間が沢山埋まっていた
彼女は浮かない顔をしていた

帰りの電車で前に座った二人は
「あいつ、仕事がこれでいいのかってくらい楽らしいですよ」
「そう言うのもいいのかも知れないなぁ」
と話していた。俺も思った
「そう言うのも幸せなのかもな」
何を持って「幸せ」とするのか、そもそも「幸せ」だけをみんな求めているのか
分らんけど、知りたい。

喜怒哀楽の間には、誰も漢字一文字に集約することができなかった
感情を表す漢字がいくつあるのだろうかと思う。
この春、二つ三つ見つけた気がする。いい発見。

誰かが小学校の頃の「先生さようなら」「みなさんさようなら」
と言う挨拶がなんて寂しい挨拶なんだろうと書いていた。
ほんとだよね(笑。
「先生また明日」くらいでいいじゃんな、ねーえりぱん?
[PR]
by shingofukui | 2005-03-31 03:10 | 今日

思うこと

今日、研究会の人たちと会ってきた
きっとしばらくは会えなくなる。

生活がバラバラになるのは仕方ないことだけど、
生活だけでなく、人生からも出ていっちゃうんじゃないか
と思うと、以前は辛かった。

でも、そう言う後ろ向きの考えは
前向きの考えをもたらすきっかけになるべきもので
それで終わってしまっては意味がない。

後ろ向きがもたらす唯一良いものと言えば
逆の考えがあるんだよ、と言う気付きだけ。

今はその過渡期、しんどい。

でも後ろ向きと、忘れない、と言うことはまた別もの。
忘れないで生活していけば、もっといい人生になる。

きっと甘いんだろうなー俺
[PR]
by shingofukui | 2005-03-30 02:36 | 今日

好きな景色

a0032331_1394616.jpg
近所の公園。

週末になると親子連れが楽しそうに遊んでいる。
そんな景色をみて「いいなぁ」っていつも思う。
あんなふうにできたらいいなぁ、と言う思いもやっぱそこにはある。
まだ先にことだろうけど。
[PR]
by shingofukui | 2005-03-29 01:43

PK

今日の試合は引き分けのため、PK戦へ

クラブの方ではあまり機会がないが
サークルとかではPKは結構蹴ってて今まで外したことがない。自信有。

だから今日も、立候補して蹴った、入った、勝った。
こっちは3本連続で入れて、相手は3本連続で外した。

こう言う成功体験を重ねることで自信がつく。
これでまたPK戦になったら蹴るしね。もっと練習していこう。

PKで大事なのは、いかに自分の間合いに相手を引き込むか。
ボールをセットする、審判と確認する、助走、キック
ぜーんぶ自分のペースでやればまず外さないと思う。
もっと色んな種類のPKの蹴り方を覚えたい。


昔、中学の頃、優勝決定戦で0-0の状態でPKを獲得した。
普段は他の奴が蹴るのに
ふと監督の方をみると「お前が蹴れ」と言う・・・。
でも、PKスポット(ボールを置くところ)をみるとデコボコで
「こんなの入るわけない」と思って、俺は「むりむり!やだ!」って言い返した。
結局他の奴が蹴って外した(笑。
最終的に勝ったから良かったものの、なんて情けのない中学生であったか・・・苦笑。

もっともっと練習しないと。
[PR]
by shingofukui | 2005-03-27 22:28

日本対イラン

負けてしまったね・・・。
一点目は仕方ないとして、う~ん。

今回、ちょっと面白い発見をした。

日本が4バックで挑んだのは、イランが3トップを敷いてるから
原則一人余らせないといけないから4バックにせざるを得なかったんだろうか。

3バックで3トップに対処するには
一人余らせないと危険だから
ボランチかサイドハーフが一個落ちて最終ラインに入る。
でも、それなら4バックと一緒だよね。

やっぱり4バックを敷いて 相手の薄くなった中盤で勝負するのかな。

相手のフォーメーションに合わさざるを得ないことってあるのかな。

そこら辺分る人いたら教えて。
[PR]
by shingofukui | 2005-03-26 02:26

山中飲み

僕の今までの学生生活を簡単に紹介すると
藤が丘幼稚園→荏田東第一小学校(小2まで)→Coldfall primary school
→ロンドン日本人学校→山内中学校→神奈川県立外語短期大学付属高等学校(長いでしょ、でも全部書くのが外語生の誇りなんです笑)→慶応義塾大学。

んで、この日は山内中学校の頃の友達と飲み。
この面子では大学に入ってからもちょくちょく会っていて仲がいい(^^
成人式の日も一緒だったなv

ロンドンから帰ってきて、いじめられるのかと思いきや
やさしい人たちばかりだった(T T)笑!
会って話す事といえば、誰かが高校入試で 「普通」科とところに
「国語」科 「社会」科 と書いて最後に「理」科が来て気付いた話など(笑。
そして、中学の人たちが今どうしているかなどの話しに花が咲く。

山中のサッカー部で集るとスゴイことにみーーんな
試合を覚えていて、その試合でどう言うプレーがあったか
どう言うゴールが決まったか、全部覚えてる!んで、そう言う話はすげぇ楽しい。

山中でやったサッカーが本当に楽しかったから今も続けられているんだと思う。
いい学校、先生、仲間に恵まれた。そう言う意味で自分は強運の持ち主だと思う。
人間運はいい線いってる。マーチなんか当たらなくて良かったぜ(笑。

またのみたーい
[PR]
by shingofukui | 2005-03-24 22:53

追いコン

サークルの追いコン。

前にも書いたけど、4年間を通してサークルには漬かりきれなかったため
この追いコンも行こうかどうか、正直結構迷った。

でも行って良かった。

後輩からは色々プレゼントをもらい
有難い言葉も沢山もらった。3年くらいからはほとんど顔を出していないのに。

そんな俺にも関わらず、キャプテン始め4年生のみんなは
キャンパスで会えば「しんご、練習こいよ」と声をかけてくれて
合宿にも誘ってくれてた。
後輩も「しんごさんしんごさん」と声を掛けてくれて、それが嬉しかった。

最後に来て、もしクラブじゃなく、サークルにどっぷり漬かっていたら
俺の大学生活も随分と変わっていただろうな、と思った。
どう変わっていたかは分らない、少なくとも大学に対してもっと愛着はできてた。
けれど、クラブはクラブで自分にとってはかけがえのない場所。

無理を承知で言うと、どちらにもどっぷり漬かりたかった。
ただ、オンズが中途半端になってしまったことを後悔した。

4年生のみんなは自分が思っていた以上に
僕の中身を見ていてくれて、こんなにも人付き合いに対して深さを
持っている人たちを前にして自分の人との付き合い方を反省した。恥ずかしかった。
少しでも彼等に俺からなにかを与えられていたらいいんだけど。

みんな「進吾があと2年SFCにいられるのは羨ましい」と言ってくれたけど
それは仲間がいたら楽しいけど、みんながいなくなったSFCはそれで寂しい。

でも、そんなことを言っていても始まらないから、前に動こうと思う。

最後に来てあんな後悔をするのはもうしたくない。
サッカーに関して言えば、今後はクラブでサッカーにも仲間との関係も
全てを出し尽くしたい。と思った。そうしなくてはいけない。

後悔した時にはもう遅かったけど、今後に活かしたいことを沢山もらった。


ゆたか、たけ、やまちゃん、ゆうや、しょうへい、そしてまり
ごめんなさい、でもありがとう。
[PR]
by shingofukui | 2005-03-24 19:30
でかけるまで時間が少しあるから、最近やってたことを
自分のために(謝)少しずつ書いていこう。

富士急に行ってきたことから。
中学の卒業遠足以来の富士急!

車で行ったんだけど、富士山がとてもキレイだった。
あんなに壮大な富士山をみたのは初めてだったかもしれない
新幹線から見るよりキレイだった。

トンデミーナは なるほど!と言った感じで期待を裏切らなかった。
お化け屋敷では、先頭を歩いてて影に隠れてたお化けに驚き
しりもちをついた!壁の裏はずるい!

他にヒットした乗り物は、MAD MOUSE。
あいつはひどい。あまりのひどさに終始笑いっぱなしだった(笑。

富士急の後は 温泉♪
明るいうちは富士山を望める露天風呂があり、
外気温が低かったため、ずーっと湯につかっていられて
時折お湯の上をつたってくる冷たい風が本当に気持ちよかった。

こんな小旅行もたまにはいいよね。
[PR]
by shingofukui | 2005-03-24 18:59

Lost in Translation

深夜に観た。

一度、mixiのレビューに書いてみたけど、投稿したら他のレビューをみたら
自分のはレビューになってなかったので消した。こっちに書こう。
a0032331_16182931.jpg
ストーリーそのものも好きだった。孤独な中で自分と同類と言うか落ち着く人を見つけたときの安心感みたいなもの。でも、最近思うのがこう言う気持ちと恋愛は別物で、この映画も恋愛映画ではないと感じた。

節々に外国人が日本に来てギョっとするものが紹介されてて面白い。例えば、電車の中で平然とエッチな漫画を読んでる人とかね。向こうの人の話を聞くと、こう言うのは本当に嫌らしく、
日本のバラエティでやってる罰ゲームとかも嫌悪感満々らしい。文化の違いだね。良い悪いではない。

会話。会話って楽しい。こんなにもお金もかからず、相手と精神的に時を過ごせる手段がそこにある。日本人以上に向こうの人たちは、相手の話す内容を吟味していると思う。話す内容でその人の教養とかを見定めてる感がある。この映画にもそう言うシーンがちょくちょくある。Bobの話す内容はウィットに富む。あんな風に日本語で喋れるのだろうか。

最後に、音楽が良かった。PhoenixのToo Youngがおすすめ。
[PR]
by shingofukui | 2005-03-22 16:25